シェアする

マイクロジギングに絶対オススメのジグ3つ

マイクロジギングで絶対オススメのジグ3つ

超ライトなタックルと小さなジグで大型のターゲットを狙うマイクロジギングが全国各地で激アツです!今回はマイクロジギングでおすすめのジグをいくつか紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ギアラボ マイクロフリップなしではマイクロジギングを語れない!

なにはともあれ、マイクロジギングとマイクロフリップはセットのような存在です。

よく泳ぐ形状で「ただ巻きで釣れる」というコンセプトそのままに、落として巻くだけでガツンっとアタります。

マイクロジギングでは5cm程度の小さなジグを使いますが、それは群れで泳ぐイワシなどのような小さなターゲットを模しているからです。

エビングでのマグロ釣りやバチコンでの大アジ釣りも同じですが、大型魚は小さなベイトが大好きです。

そこをうまく攻略するのがこのマイクロジギングというわけですね。



マイクロフリップはタングステン製でシルエットが小さいので、水深50mのポイントでも35gでしっかり底取りができます。

もちろん急流ポイントや水深の深いポイントではもっと重いマイクロフリップを選択することも検討しますが、基本はできるだけ小さなジグを使うのが釣果を伸ばすコツです。

シマノ ソアレ メタルショットTGもマイクロジギングに使える!

シマノのメタルショットTGはショアからも使えるメタルジグですが、タングステン素材でシルエットが小さく24g、32g、40gとマイクロショアジギングで使いやすいサイズ展開が魅力です。

バランスが絶妙で、ジャーク後に自然とドリフトする設計になっています。

ただ巻きで食わせるもよし、ワンピッチでドリフトさせて食わせるもよしの万能マイクロジグですね!

個人的オススメは32gのピンクゼブラグロー!

ブリやカンパチといった青物はもちろん、真鯛やハタ系の根魚にも効きます!

ダイワ TGベイト30gはタングステンジグの中ではリーズナブル!

ダイワからはTGベイトを紹介したいと思います!

TGベイトはキャスティングジグで15gから150gまでラインナップされていますが、マイクロジギングで使いやすいのはサイズ55mmの30gですね。潮の緩いポイントであれば52mmの25gも良いかもしれません。

TGベイトの特徴は左右非対称のデザインです。リトリーブでアクションする設計になっているので、マイクロフリップ同様ただ巻きで食わせるのにちょうど良い形状です。

また、フォールではヒラヒラと落ちていく弱った小魚を演出するので、ただ巻きの場合でもしっかり止めて見せるポイントを作りたいですね。

タングステン製のじぐというと高価なイメージがありますが、ダイワのTGベイトは少しリーズナブルなので予備にいくつか持っておきたいマイクロジグです。

まとめ

マイクロジギングはまだまだはじまったばかりのカテゴリーですが、今後もいろいろなアイテムが出てくると予想されます。

なかでもこの釣りの先駆者であるギアラボのマイクロフリップは外せません!

タックルはエギングタックルやライトジギングが流用できますので、今回紹介したメタルジグをいくつか持ってマイクロジギングに挑戦してみてください。

ライトタックルで大物とやり取りするのは非常にスリリングで楽しいですよ!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

Amazonユーザーならプライム会員登録をお忘れなく!

Amazonでお買い物をする場合はプライム会員に登録しておくとお急ぎ便やお届け日指定が無料になるほか、プライムビデオやミュージックなどお得な特典が満載です!しかもプライム会員になるとAmazonのタブレットか4,000円オフになる特典も!

公式サイト:【30日間無料】Amazonプライム

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク