ロッド

1万5千円以下で買えるジギングロッドを徹底比較

投稿日:

本当は1万円以下で!としたかったのですが、1万円以下のカテゴリはほとんどがライトジギングや鯛ラバなどPE1号以下のタックルになります。

今回はPE2号以上で中型以上の青物にも対応できるマジギングロッドを徹底比較してみたいと思います。

そこでまず比較するジギングロッドの条件を整理してみます。

入門用ジギングロッドに求められる条件

・販売価格が1万5千円以下であること

・PE2号もしくは3号が使用できること

・120g程度のジグを快適にシャクることができること

この条件であればある程度の近海ジギングには十分対応可能です。

具体的なターゲットとしてはツバス・ハマチサイズからブリまで。

カンパチでも5kgくらいまでなら問題ありません。

このほかタチウオや真鯛、根魚も狙えて幅広く遊べる一本になるかと思います。

そこで今回は人気メーカーから3機種を比較してみたいと思います。

ダイワ(Daiwa) ジギングロッドダイワ(Daiwa) シーゲイト 59S-4/5

オールsicリング採用でジグも比較的重いものまで使用できます。

激流エリアでのジギングが多い場合や不意の大物に備えたい場合にも最適です。

ジギングシーンでも大人気となっているメジャークラフトのクロステージです。

Kガイド採用でこの価格は驚きです!

シリーズはライトジギングとなっていますが、スペックは青物にも十分対応しています。

ジグMAXは150gなので深場や急流エリアにも対応。

結局どのロッドがいいのかの判断は難しいところですが、このロッドに合わせるリールも同価格帯にすると仮定して低価格なジギングロッドを・・・ということならバランスが取れていてKガイドを装備しているメジャークラフトのクロステージがオススメです!

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ロッド
-

Copyright© ジギングタックル比較 , 2019 All Rights Reserved.