鯛

ロッド タイラバ

【鯛ラバ】PROX桜魚SEでデカ真鯛を釣る!

投稿日:

ジギングでいつも大物が釣れるとは限りません。

潮によって青物が狙いにくい時に持っておくと重宝するのが鯛ラバロッドです!

真鯛はもちろんハタ類やカサゴなどのロックフィッシュもガンガン釣れる鯛ラバですが、ジギングロッドだと硬すぎて弾いてしまいます。

鯛ラバ専用ロッドはジギングロッドに比べると非常に柔らかく感度がいいので真鯛のアタリを逃しません。

そこで今回は低価格なのに使えすぎて大人気の『PROX 桜魚SE』をご紹介したいと思います!

PROX桜魚SEシリーズの特徴とは?

・食い込みのいい柔らかいティップ

・大鯛を浮かせられるバットパワー

・軽く持ち重りしない

・トップガイドにsicリングを採用

一見ペナペナに感じるロッドですが、実際に真鯛をかけてみるとバッドの強さに驚きます。

真鯛はアゴが硬いので、バッドパワーが不足しているとフッキングさせることができません。

かけた瞬間はティップはグニャっと曲がって食い込ませ、バッドの反発でフッキングしてからガンガン浮かせてくるのです。

初代桜魚シリーズも大人気でしたが、今回紹介している桜魚SEシリーズには新たに『61M』というハイパワーなモデルが追加されています。

桜魚SEスペック

ルアーウェイトが50~180gの61Mというモデルです。

かなり守備範囲の広いモデルなので、ベイエリアのライトジギングならこれ一本で全部できてしまいます。

ただしジギングロッドのサブとして準備しておく場合や真鯛専用とするならば61ULか61Lあたりのモデルの方がオススメになります。

理由として鯛ラバの場合はできるだけ小さいカブラを使用した方が釣果に繋がりやすいため、潮流れを考慮してPEも細糸を使うことになるからです。

平均的には0.8号クラスですが、大鯛であっても1号あれば十分対応できます。

知り合いに桜魚61ULを使っている人がいるのですが、最大8kgクラスの真鯛と7kgクラスのブリも難なくあげています。

真鯛メインで不意に青物がかかっても安心のバッドパワーは魅力的ですね!

これだけ使えるロッドが激安で手に入るとは驚きです。

ジギングのサブタックルにぜひ持っておきましょう!

 

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ロッド, タイラバ
-

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.