パイクの特徴

ジギング小物 アシストフック

青物ジギング用アシストフック!DECOY Grand Pike DJ-100 グランドパイク

投稿日:

ジギングタックルといえばロッドやリールばかりが注目されがちですが、ターゲットとなる魚に一番近い場所にあるアシストフックこそ最も重要なタックルの1つです。

特にパワーのあるヒラマサやカンパチなどの青物をターゲットにする場合には、強度はもちろん刺さりやキープ力も非常に重要になります。

ヒラマサ・カンパチを相手にする場合に使用するアシストフックの中でも特にオススメなのがデコイのグランドパイクですね!

デコイ グランドパイクは青物ジギングに◎!

フックにPike typeRを使用しているのですが、青物ジギングではこのPike typeRというフックが非常に使いやすくオススメです。

このフックの特徴としては2つ。

まず1つはスムーズなフッキングを実現させるロングテーパー&カーブポイントです。

針先が微妙に内側を向いているのですが、これにより刺さりが非常に良くなっています。

そしてそれをキープするためにバーブ(かえし)が大きくなっているのもポイント!

しっかり刺さってしっかりキープするため、仮に船べりで暴れたとしてもバレる心配がなくなります。

しかし、カーブポイントと大きなバーブにはデメリットもあります。

それが「ジグへの抱きつき」ですね。

一生懸命シャクったのに船長の合図で回収するとアシストフックがジグに抱きついている・・・という悲しい経験はジギングアングラーなら経験があるはず!

これはカーブポイントと大きなバーブがジグに絡み付いて離れなくなってしまうことで起こります。

アシストラインをハリの強いものにすることである程度は回避することができるものの、やはり根本的にはフックとジグのバランス調整が必須となってしまいます。

ところがこのPike typeRならフックのフトコロ部分が広く設定されているので、よほどアンバランスなジグとの組み合わせでもない限り抱きつきはほぼ回避することができるのです。

パイクの特徴

このフックにハリ・強度共にバツグンのブレイドラインを組み合わせたのが「Grand Pike(グランドパイク) DJ-100」というアシストフックです。

サイズは#1~#5/0までありますが、近海ジギングで出番が多いのは#3/0か#4/0になります。

平均5kgまでのエリアなら#3/0、それ以上が頻繁にアタックしてくるなら#4/0を選択するのがいいかもしれませんね!

 

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ジギング小物, アシストフック
-,

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.