リール ジギングタックル ライトジギング

グラップラーCTの登場でライトジギングがおもしろくなりそう!

投稿日:

シマノのグラップラーシリーズにグラップラーCTという新しいリールが投入されました。最近流行のカウンターを備えたライトジギングリールですね!

グラップラーシリーズといえば入門者から中級者までしっかり使えるアイテムで非常に人気が高くなっているようです。

リールでは一足先にグラップラーBBが発売されていましたが、今回のグラップラーCTはカウンター付き!

最近はジギングの世界でもカウンターを使って指示棚を入念に攻める釣りが流行っているので、カウンター付きのリールを待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

グラップラーCTとグラップラーBBの違い

グラップラーCTはグラップラーBBにカウンターが搭載されただけ?と思っていましたがどうやらそうではないようです。

2つのリールの基本スペックを比較してみましょう。

グラップラーCT

グラップラーCT

グラップラーBB

グラップラーBB

品番が150番台と200番台になっていますが、ギア比もドラグ値も糸巻き量も微妙に違うようですね。

といってもライトジギングというカテゴリーの中で見れば大きな違いはなさそうなので、タチウオジギングや真鯛のジギングやタイラバにも最適なスペックになっています。

またグラップラーCTのカウンターはLEDバックライト付きになっているので夜間の視認性も抜群です!

ということは夜明け前の朝マズメ釣行や深夜のメタルスッテゲームにも使えるということですね!

糸巻き量を見てみるとPE2号150mまでという感じですが、実釣ではPE1.5号を使うライトジギングでちょうど良いスペックではないかと思います。

グラップラーBBと同じくCI4+素材になっているので、青物でもハマチクラスの数釣りなら十分楽しめそうですね!

グラップラーCTとヴァデルBJを使い分ける!

2016年の新モデルとしてシマノはグラップラー、ダイワはヴァデルBJが登場しました。

ライトジギング用のリールとしてはヴァデルBJの方がボディ剛性で一歩リードしている感がありました。

しかしカウンター付きのグラップラーCTが登場したことで明確に使い分けをすることができるようになりましたね。

あまりパワーを必要としないタチウオジギングのように棚を攻める釣りならグラップラーCT、PE2号を使って青物と対峙するようなガチ寄りのジギングならヴァデルBJが使いやすいのではないでしょうか。

2016年の気になるライトジギングロッドとベイトリール【ダイワ編】

カウンター付きのジギングリールに流行の兆しが!

ここ最近の傾向としてガンガンしゃくるスポーティーなジギングから戦略重視のジギングに変化してきているような気がしますね。

特に近海のライトジギングでは棚攻略ができているかどうかで釣果が大きく違ったりすることもあります。

一年を通していろいろな魚をジギングで釣りたいという場合には、グラップラーCTのようなカウンター付きのリールは重宝するはずです!

 

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-リール, ジギングタックル, ライトジギング
-, , ,

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.