ヒラメ

リール ロッド ジギング小物 ジギングタックル スロージギング ライン

ヒラメ狙いのスロージギングタックル選び

オフショアでヒラメを狙うならスロージギングが好反応!

サーフからのヒラメゲームも流行していますが、オフショアジギングならBIGサイズが数釣りできるというのが何よりの魅力ではないでしょうか!

難しいテクニックは不要なのでスロージギング初心者や体力に自信がない女性でも楽しめますよ!

ヒラメのスロージギングが人気の理由は?

スロージギングが人気の理由の1つは、同じタックルでいろいろな魚種が狙えるということです。

ヒラメ狙いにも抜群の効果があるスロージギングですが、同じタックルで青物や真鯛、根魚まで狙えてしまうのは魅力的ですよね!

ヒラメ狙いのスロージギングタックルの選び方

ヒラメ狙いといっても特別なタックルは不要です。

青物や根魚狙いのスロージギングタックルと共用することができますので、スロージギングについて書いた過去記事を参考にしてみてください。

スロージギングロッドについての過去記事

テンリュウ ホライゾン プログレッシブでスロージギング

リールについての過去記事

レボ ソルティーステージ LJ-4はガチジギングや中深海ジギングに使えるか

ジグについての過去記事

スロージギングでちゃんと使えて安価なジグは「ジグパラ」に決定

 

ヒラメ狙いのスロージギングではショックリーダーはどうする?

ヒラメ狙いで一点注意するポイントがあるとすればリーダーのセッティングです。

ヒラメは海底が砂地になっているところがポイントと思われがちですが、実際には根の周りや岩礁帯に潜んでいたりします。

ポイントが砂地の場合はライトタックルでもOKですが、岩礁帯が絡む場合は根ズレを考慮して強度のあるリーダーを組んでおくことが重要です。

太さは20~30lbを基準に、初心者なら根ズレ対策を重視してフロロカーボンのショックリーダー、慣れたアングラーならジグの動き重視でナイロンのショックリーダーをチョイスします。

 

バリバスのVEPショックリーダーはナイロンの適度な伸びとバツグンの耐摩耗性能を両立させたショックリーダーです。

このリーダーは初心者から上級者まで非常に使いやすいのでおすすめです!

ヒラメ狙いのスロージギングなら8号=30LBがジャストです。

PEは1号~1.5号を使用することが多いですが、まずは船長に指定がないかどうかを確認しましょう。

1人だけ太さの違うPEにしていると周りとオマツリばかりすることになってしまうので注意です!

おすすめ記事!

おすすめジギングロッド 1

近海ジギングにおすすめのロッドをアングラーのレベル別でご紹介いたします。 これからジギングをはじめる人はもちろん、そろそろ道具の買い替えを検討中のアングラーの皆様はぜひ参考にしてみてください。 初心者 ...

電動ジギング 2

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 3

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

マイクロジギング 5

じわじわと人気が高まってきていた「マイクロジギング」ですが、いよいよ専用タックルも出てきて人気爆発寸前です。シャクリ不要!落として巻くだけで爆釣できてしまう「マイクロジギング」について解説したいと思い ...

-リール, ロッド, ジギング小物, ジギングタックル, スロージギング, ライン
-

© 2020 ジギングタックル比較