ライフジャケット

ライフジャケット

【ライフジャケット】手動膨張式と自動膨張式どちらがいいの?

投稿日:

ジギングをするならライフジャケットの着用は必須です。

万が一落水をした場合の生存率は、ライフジャケット着用と未着用ではこれほどまでに差があります。

生存率
※国土交通省HPより引用

安全に釣りを楽しむためにもライフジャケットの着用は忘れないようにしましょう!

ジギングに最適なライフジャケットを比較

ところでライフジャケットにはいろいろな形状のものがあります。

堤防釣りや磯釣りではベストタイプのものが人気ですが、ジギングでは落水した時に岩などから身を守る必要がないため動きやすいベルトタイプや首かけタイプのものが主流です。

どちらも動きやすさに違いはありませんが、夏場のジギングを想定すると首かけタイプのものはとても暑く感じると思います。

それからライフジャケットは意外と重量があるので、首かけタイプだと首や肩にかかる負担が大きいのも気になります。

1年を通して使用することを考えるとベルトタイプのライフジャケットが使いやすいと思います。

ライフジャケットには自動膨張式と手動膨張式の2種類がありますので以下に特徴を書いてみます。

自動膨張式の特徴

○・・・落水しても自動で膨張するため意識を失った状態でも浮いていられる。

×・・・船上で水をかぶった際に膨張してしまうことがある。

 

手動膨張式の特徴

○・・・水をかぶっても勝手に膨張してしまわない。

×・・・落水の際に自分でレバーを引く必要があるので意識を失った状態では使用できない。

自動膨張式ライフジャケットにはスプールと呼ばれるパーツの中に水に濡れると溶ける性質のものが入っていて、落水によりこれが溶けると膨張がはじまるという仕組みになっています。

このため、落水しなくてもそこに水が入ってしまうと船上で膨張してしまうのです。

落水した際すぐに膨張するように溶けやすい性質となっているため、直接水をかぶらなくても湿気で膨張してしまうこともあります。

手動膨張式ライフジャケットの場合には自分でレバーを引くことで膨張させますのでこういった心配はありません。

船上では水しぶきを浴びることもありますし、突然雨が降ることもあります。

こういった点から、手動膨張式ライフジャケットの方が使いやすいのではないかと考えています。

3,000円台で買える大人気手動膨張式ライフジャケット!

 

ポーチ型もコンパクトで大人気です!

 

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ライフジャケット
-

Copyright© ジギングタックル比較 , 2019 All Rights Reserved.