ダイワ・ソルティガBJがモノコックボディで登場!

ソルティガBJ

2017年一発目のジギングタックル関連のニュースとしてはやはりソルティガBJのリリースですね!ついにソルティガシリーズにモノコックボディが採用されました。このリールの実力と買い替える価値があるのかを検証してみました!

スポンサーリンク

ソルティガBJの位置づけは?

ソルティガといえばダイワジギングリールのフラッグシップモデルです。

これまでのソルティガシリーズは遠征スペシャルのソルティガ エクスペディションと、近海ジギング仕様のソルティガといった2つの仕様がありました。

今回リリースされることになったソルティガBJは、近海ジギング仕様のソルティガシリーズの新作という位置づけになりそうですね。

ただしソルティガBJ(ベイジギング)というネーミングのとおり、3500番と4000番の2タイプのみとなっています。

おそらく4500番以上の大きさのものはNEWソルティガとしてもう少し後に発売されるということなのかもしれません。

遠征や超大物エリアでのジギングをする人はもう少し待つことになりますが、近海エリアでのジギングをしている人にとってはかなりホットなニュースですね!

ソルティガ+モノコックボディ=最強ジギングリール?

ソルティガBJ最大のポイントはなんといってもモノコックボディの採用です。

モノコックボディ

モノコックボディは16セルテートのHDモデルにだけ採用されていたダイワの新しいボディ構造です。

ボディカバーを廃してボディに直接高精度のプレートをネジ込むことで固定したのがモノコックボディ。これによりギヤーの支持精度が高まり、剛性・気密性も向上。さらに従来スクリューに取られていたスペースを活用し、ドライブギヤーのサイズを極限まで拡大することにも成功した。
出典:http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/saltiga_bj_sp_17/index.html

ダイワでいえばザイオン、シマノでいえばCI4+のように剛性が高く軽量なカーボン樹脂素材のボディも進化していますが、ジギングのように特に負担が大きい釣りになると強度を優先して金属ボディが使用されてきました。

現時点で最上級モデルのソルティガ エクスペディションにもスーパーメタルボディになっていますね。(ローターはザイオン)

そしてその上を目指して開発されたのがモノコックボディということになります。

モノコックボディを採用することでギアの支持精度が高くなるので、これまで以上に安定したリーリングが期待できるようになるということです。

ATDタフ!ドラグも密かに進化していた!

ジギングでドラグ性能が重要なことは言うまでもありませんが、ソルティガBJは密かにドラグも新しくなっているようです。

ATD(オートマチックドラグシステム)は2015年から採用されているダイワのドラグシステムで、滑り出しがなめらかでラインがブレイクしにくいという特徴がありました。

もちろんソルティガBJにもATDは搭載されているのですが、そのATDにカーボンワッシャーを使用することで耐久性を向上させたATDタフというドラグシステムになっているようです。

ソルティガBJのスペックは?

ソルティガBJのスペックは以下の通りです。

ソルティガBJ

15ソルティガと比較すると、よりハイギアのSHモデルが追加されていますね。あとは20g~25gほどですが軽くなっています。

価格的にはキャタリナより少し高くて15ソルティガより少し安いといったところでしょうか。

ソルティガBJは買い?

フラッグシップモデルのリールですから初心者には持て余してしまうかもしれませんが、ジギング2年目とか3年目でそろそろいい道具を使ってみたい!というユーザーにとっては気になるリールですよね。

3500番や4000番は使用頻度も高いので、年間を通してジギングを楽しんでいるというユーザーなら満足度が高いと思いますよ!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場での買い物がポイント2倍に!

楽天市場でお買い物をするならいつでもポイント2倍の楽天カードがお得です。
カード入会やエントリーでもれなくポイントがもらえるキャンペーンも実施中!
楽天カードは年会費永年無料なので持っておいて損することはありませんよ!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク