ツインパワーSW 8000PGカスタム

リール

【ジギングリール】シマノ ツインパワーSW 8000PGをいじくり倒す!

投稿日:

近海ジギングでおそらく一番使っている人が多い(ような気がする)シマノ ツインパワー8000PGです。

最上位機種ではないものの、性能も耐久性も最強クラスに間違いありません!

ツインパワーSWを上位機種・下位機種と比較すると

シマノのジギングリールといえばアセレーションSW・バイオマスターSW・ツインパワーSW・ステラSWの4機種がラインナップされていますが、バイオマスターSWとツインパワーSWの間には性能面で壁があるんですよね。

ツインパワーSWとステラSWは最大ドラグ値が25kgなのに対して、アセレーションSWとバイオマスターSWは最大ドラグ値が13kg程度に設定されています。

ターゲットが大物であったりカンパチやヒラマサのようにしっかりと止める必要がある場合には、ドラグパワーに余裕のあるツインパワーSW以上のリールが安心感があります。

8000pg

ちなみに、6000番だと重量が200gも軽くなりますが、最大ドラグ値がアセレーションSWやバイオマスターSWと同じ13kg程度まで落ちてしまいます。

 

近海ジギングでも大物を想定してツインパワーSWをと考えるのであれば、8000番以上のサイズが最適といえます。

ツインパワーSWクラスになるとカスタムも楽しめます!

ツインパワーSWのクラスになるとカスタムパーツも豊富に用意されているので、自分仕様にカスタムすることができます!

一番手頃なのがハンドルノブのカスタムです。

ツインパワーSWは元々グリップしやすいハンドルノブが採用されていますが、最近の最上位機種で流行中の丸型ノブがオススメ!

夢屋アルミラウンド型パワーハンドルノブはTypeB用、EVAパワーラウンド型Lが装着できます。

 

丸型のハンドルノブは横からガッチリ握ることができるので、大型とのやりとりが非常にやりやすくなります。

大型のターゲットを想定してこのリールを選択するならついでにハンドルノブを強化するのもいいかもしれません!

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-リール
-

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.