ウェア

冬のジギングに備えて防寒着を!

投稿日:

10月に入って急に寒くなってきた気がしますね・・・。

そろそろジギングにも防寒着を用意する季節になってきたのではないでしょうか!

釣り用の防寒着は安いのから高級品までいろいろありますが、ジギングの場合は防寒に加えて防水性能も重要になります。

船の移動中に波を被ることもありますし、シャクっていたら袖口から冷たい水が浸入することもあります。

寒い時期になると序盤で水に濡れたらもう戦意喪失ですよ!

ということで今回はジギングにもってこいの防水性能に優れた防寒着をチェックしてみました!

ジギングの防寒着に必要なスペック

ジギングの防寒着に欲しいスペックはたくさんあります。

  • ひじを曲げてシャクる動作が多いので伸縮性のある素材!
  • 冷たい風を感じさせないフード!
  • 防水性能の高いファスナー!
  • パンツじゃなくてサロペット!
  • 袖口からの水の浸入をシャットアウト!

などなど・・・。

ただ暖かいだけでは釣りがやりにくくなってしまうので、ここはやはりジギングを熟知した釣りメーカーの防寒着が理想的です。

釣りメーカーというとシマノかダイワかとなるわけですが、ルアーフィッシングで有名なあのメーカーにとんでもないスペックの防寒着が置いてあるのを発見しました!

それがコレ!エバーグリーン E.G.ホットスーツ EGHS-1です!

見た目は真っ黒のまあありがちな釣り用防寒着ですが・・・。

なんとこのE.G.ホットスーツは、ジギングのために用意された防寒着なのです!

s_20151008j1

ストレッチ素材

まずはコレ!

ヒジと肩の裏地がストレッチ素材になっています!

これのおかげでシャクりの動作でもヒジが突っ張ってしまうことがなく快適にジギングができます!

s_20151008j2

袖口二重構造

冬のジギングで一番テンションが下がるのが袖口から冷たい水が浸入してくること!

一度入りだすと止められずにヒジのあたりまでビショビショになってしまいますね。

ですが袖口二重構造でしっかり水を食い止めてくれるので安心です!

s_20151008j3

サロペット

やっぱりパンツよりサロペット!

パンツだと背中から冷たい風が入ってきたり場合によっては水が浸入してきてしまいますがサロペットなら安心です。

しかもこのサロペットは止水ファスナーとフラップで冷たい風も水もシャットアウト!

ついでに背中部分には使い捨てカイロを入れるポケットまで付いているというハイスペックぶり!

これだけの装備があれば、真冬のジギングも快適に楽しめますね!

 

オシャレも気になる!という場合はこちらの記事も読んでみてくださいね!

普段使いもできるオシャレなハードシェル選び

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ウェア

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.