デッキシューズ

ウェア

夏の釣りシューズを徹底比較!

投稿日:

夏は足元も涼しくしてジギングを楽しみたいですね!

濡れても大丈夫な素材で船上でも滑らないグリップ力のあるシューズを集めてみました!

まずは大定番のクロックスから!

これまでも船でみかけることの多かったクロックスですが、これまでのモデルは決してグリップ力は良くありませんでした。

しかしこの「レトロクロッグ(crocs retro clog)」というモデルはラバーアウトソールで濡れた船上でもしっかりとグリップしてくれます!
※一番上がソールの画像です。

もちろんオシャレな普段履きとしても併用できるので、ジギングをするなら一足は持っておいて間違いありません!

これもすでに定番となりつつあるギョサンです。

クリスタルカラーがオシャレなだけでなく、磯でも船上でも滑らないというグリップ力が人気の秘密です!

しかもお値段なんと数百円!

買わない理由がありませんね!

実はシマノやダイワからもフィッシングシューズが発売されています。

デザインはやはり定番のクロックス風!?

釣りブランドだけあってソールのグリップ力などは申し分ナシ!

釣りブランドに拘るならこういう選択肢もアリですね!

夏でも足元を濡らしたくない!という人に、一年中使える長靴はいかがでしょうか?
※釣り用の長靴といってもジギング船では床を傷つけてしまうスパイクなどは禁止です。

「76Lubricants(ナナロク)」の長靴はショート丈で片足600gと軽量なので夏のジギングにもおすすめできます!

ムレにくいオリジナルインソール(中敷)も付いていてお得です!

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ウェア

Copyright© ジギングタックル比較 , 2019 All Rights Reserved.