Okuma ソルテラ

リール

ジギング対応ベイトリールに低価格な新作が登場!

投稿日:

あなたはスピニングリール派ですか?

それともベイトリール派?

実は自分は俄然ベイトリール派だったりします。

ジギングの入門書籍などを見ると大抵はスピニングリールを推奨しています。

ですがその理由は「初心者にも扱いやすい」というよくわからないもの。

私に言わせれば初心者こそベイトリールがおすすめ!

ジギングの基本は底取りから

実際に使い比べてみるとよくわかるのですが、ジギングで最も重要な『底取り』ではフォール中に糸ふけの出ないベイトリールが圧倒的に有利になります。

キャスティングをするにはバックラッシュの心配が出てきてしまいますが、ジギング専用のタックルとしては初心者にこそオススメしたいのがベイトリールだと思います。

しかしベイトリールは少々お値段が張りますね・・・。

ジギングはリールにかなり負担のかかる釣りなので、造りの甘いリールだと1回の釣行で壊れてしまうこともあります。

これまでコスパ最強と言われてきたのがアブガルシアのソルティーステージレボLJ-3だったのですが、こちらは少々ライトなセッティングとなっているのでPE2号前後が目安の、どちらかというと『ライトジギング』に適したリールとなっていました。

エリアやターゲットによってはやはりPE3号や4号を使いたくなりますが、そうなると次はオシアジガーやキャタリナ・ソルティガなどの高級機になってしまうんですよね・・・。

しかし今回PE3号でも4号でもフルで巻けてしまうジギング対応の最強コスパリールがOkumaからリリースされました!

 

Okumaからリリースされたベイトリール『ソルテラ』シリーズです!

 

ソルテラのスペック

 

一番小さな『ソルテラ SLR-10CS』モデルでもPE6号が300mも負ける糸巻き量なので、深場のジギングまで完全対応です。

もちろん基本的なスペックにも抜かりはありません。

  • 軽量堅牢グラファイトフレーム
  • Cal社製ドラググリース付き耐熱カーボナイトドラグシステム
  • オーバーサイズステンレスギアリング
  • 錆びに強いHPB×4
  • エルゴデザインハンドルノブ
  • Lタイプのみチタンコートレベルワインドシステム

ハンドルも握りやすい形状になっているので大物が掛かったときも安心ですね!

Okumaソルテラはハイスピード・レベルワインドなしのCSタイプとレベルワインド付き・ノーマルスピードのLタイプの2種類がありますが、深場&大物狙いならレベルワインドなしでハイスピードのCSタイプがオススメです!

 

※PE2号未満のライトなジギングならこちらの記事の下の方でさらに安いリールについて解説しています。

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-リール
-,

Copyright© ジギングタックル比較 , 2019 All Rights Reserved.