ファイヤーライン

スロージギング ライン

ディープジギングの必需品!バークレイ ファイヤーライン1200m

投稿日:

キンメ・アカムツ・クロムツ等の超高級魚を狙うディープジギングでは、潮の影響を受けにくくするため細いラインを使います。

とはいえただ細いだけではダメ!

200m以上の深海からくる小さなアタリを見逃さない"低伸縮性"のラインである必要があります。

そこでディープジギングアングラーの必需品となっているのがこのラインです!

ファイヤーラインは遠投性、操作性、感度、強度と、ラインの基本性能を高次元で発揮するスーパーラインです。

キャスティングにも対応する滑りの良さは、ジグを深海まで送り込むのに一役買っています。

ディープジギングでは200m以上の中深場でキンメやムツなどの高級魚を狙います。

近海のジギングでは水深の1.5倍から2倍程度のラインをリールに巻いておけばOKなのですが、ディープジギングの場合は少なくとも3倍から4倍、基本的にはリールに巻けるだけ巻いておくというのがセオリーです。

というのは、ディープジギングでは潮流やかかった魚が走ることで他のアングラーとお祭りすることが多々あるからです。

もしも400m程度しか巻いていなければ1回の高切れで釣りができなくなってしまいます。

そういったリスクを避ける為にもリールには巻けるだけ巻いておく!

これがディープジギングの常識なのです。

ラインの号数についてはやり取りに不安があるなら1.5号(18lb)という選択肢もありますが、魚とのやり取りでブレイクすることよりも潮流やお祭りでブレイクする確率が圧倒的に高いディープジギングではもう1サイズ落とした1.2号(16lb)がオススメです。

これを大型ベイトリールに巻けるだけ巻く!

リールはオシアジガーの4000キャタリナLDがマッチしますね!

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-スロージギング, ライン
-,

Copyright© ジギングタックル比較 , 2019 All Rights Reserved.