紅牙

ロッド タイラバ

タイラバゲーム専用ロッド 紅牙MX

投稿日:

カブラを落としてただ巻くだけのシンプルなタイラバゲーム。

しかしシンプルだからこそ奥が深く、全国各地のアングラーがタイラバゲームにどっぷりとハマっています。

シンプル故にタックルの性能に左右されやすいタイラバゲームですが、とくに重要なのが感度の良さ。

カブラのネクタイをかじる真鯛に違和感を感じさせることなくフッキングに持ち込むには、その小さなアタリをしっかりと手元に伝える必要があります。

もう1つ重要なのがアタリを弾かない柔軟な穂先

この2つを高次元で組み合わせたのがダイワのイラバゲーム専用ロッド「紅牙MX」です。

タイラバゲームをしていると、コツコツという真鯛がカブラのスカートやネクタイをかじる感触が手元でわかります。

しかしそこでアワセを入れるのではなく、真鯛がフックを吸い込んでロッドが絞り込まれるまで同じスピードでリールを巻き続けます。

この時に必要以上に穂先が反応してしまうと微妙な振動が真鯛に伝わってしまい、フッキングする前に逃げられてしまうのです。

コツコツアタリは取れるのになかなか乗らない・・・これがタイラバゲームの難しいポイントですね。

これを解消するのが「紅牙MX」の超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」です。

超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」。非常にしなやかで感度の良い金属を穂先に採用したことで真鯛のラバーを咬む微かなアタリも「目感度」「手感度」で明確に捉える事が可能。

レングスは6.9ftとこれまでのタイラバロッドに比べると少し長めですが、感度と柔軟さをバランスよく実現するにはこの長さが重要なのかもしれません。

カブラの重量と使用するPEラインに合わせて3タイプがリリースされていますが、万能なのはルアーウェイト40-100g、PEライン0.6-1.2号の「69HB-METAL」ですね。

これなら全国各地の様々なエリアで使用することができます。

また紅牙にはMXの付かないコストパフォーマンスに優れたモデルもリリースされています。

こちらにはメタルトップに代わってメガトップが搭載されている他、2ピースで仕舞寸法が161cmと移動や収納に便利というメリットもあります。

こちらもタイラバを1枚でも多く真鯛を釣り上げる為に開発された「タイラバ専用ロッド」です!

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-ロッド, タイラバ
-

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.