リール ロッド

ブリジギングに備えてタックル準備

投稿日:

日本各地で狙えるオイシイ大物といえばブリ!

ご存知ブリは出世魚でツバス(=ワカシ)→ハマチ(=イナダ)→メジロ(=ワラサ)を経てブリに成長します。
地域によって多少違うようですが、だいたい80cmを超える固体をブリと呼ぶことが多いようです。

日本各地で狙えて、釣って楽しく食べてオイシイ!
そんなブリをジギングで狙うためのタックルを比較してみました!

ブリジギングにはドラグ性能の良いリールを

ブリは大型のヒラマサやカンパチに比べるとお手軽な印象があるかもしれません。
確かにヒラマサのように根に向かって走る魚ではないですが、デカいブリは走り出したら止まりません。

ドラグを鳴らしながら糸を出し続けたかと思えばピタっと止まってみたり。
ピタっと止まったかと思えば一気に走り出してみたり。

ドラグ性能の低いリールだと、せっかくブリを掛けてもブレイクさせてしまうということも少なくありません。
なので、ドラグの滑り出しの良いリールを選択するというのは必須なのです。

耐久性を考えるとツインパワーSWかキャタリナクラスが欲しいところ

最近は入門クラスのリールも性能が上がっているので、シマノのスフェロスSWとかダイワのヴァデルあたりのリールでもブリジギングが楽しめます。
「普段はメジロクラスまでのジギングで、年に1~2回ブリジギングもやってみる」という感じならこのクラスのリールでもOKです。

逆に「ブリジギングがメイン、たまにはカンパチやヒラマサなんかも狙いたい」という場合には、シマノのツインパワーSWとかダイワのキャタリナクラスのリールが良いです。

この辺のリールになると入門クラスのリールと比べて耐久性が全然違います。
ブリの突っ込みでギアが飛んだとかハンドルが折れたとかは入門リールあるあるですよね。

イナダを100匹釣るよりもブリ1匹とのファイトの方がリールにかかる負担は圧倒的に大きいので、大物ジギングを楽しみたいという場合にはドラグ性能も耐久性にも優れた上位機種のリールを選択しましょう。

ちなみに乗合船でブリジギングをする場合はPE3~4号を巻くことになるので、シマノなら8000番ダイワなら4500番がジャストサイズです。
さらにブリはスローな誘いが有効になることが多いのでパワーギアを選択しましょう。

ブリジギングに適したロッド

魚を浮かせるのはリールのパワーよりもロッドの反発力が重要だったりします。
ブリの引きでしなったロッドが元に戻ろうとする力で魚を浮かせるわけですね。

なのでロッドの性能が良くなければリールのドラグ性能を活かすことができないのです。

またブリジギングではロングジグをダートさせるようなシャクリを多用します。
ティップを使ってスローに誘ってみたりベリーを使ってロングに飛ばしてみたりというジグの動きを再現できるロッドが必要になるということです。

ブリジギングは全国的にも人気の高い釣りなので各社から良いロッドが出ているんですが・・・
どれか一本選ぶとしたら天龍(TENRYU) ロッド ジグザム ドラッグフォース JDF621S-5です!

C・N・Tという新素材を使って驚異的な粘り強さ!

C・N・Tの特徴

超微細なマテリアルであり、形状は中空のチューブ状で適度なしなやかさと相当な強度を有している。
C・N・T単体だけの強度であれば、アルミニウムより軽く鋼鉄より強いと言われている。
ナノとは【ナノメートル=10億分の1メートル】といったサイズを表し電子顕微鏡を用いて確認出来る。
出典:テンリューオフィシャルサイト(http://fishing.tenryu-magna.com/technology/concept.html#cnt)

まさに掛けたブリを浮かせるにはもってこいのロッドです。
大型ヒラマサまで視野に入れたロッドなので10kgオーバーのブリもしっかりと浮かせてくれます。

 

追記:ジギングロッド&ジギングリールについての新しい記事があります!

ジギングロッドを徹底比較してみました

ジギング用リールを徹底比較してみました

 

おすすめ記事!

電動ジギング 1

2018年気になるのはなんといっても電動ジギング。 数年前はちょっと色モノ的な目線で見られていた電動ジギングですが、昨年あたりから状況は一変しました。 最近では乗合船でも必ず1人か2人は電動ジギングを ...

1万円以下のライトジギングロッド徹底比較 2

近海のライトジギングは手軽で初心者や女性にも非常に人気が高い釣りとなっています。 ライトジギングというのは「ライトなタックルでジギングをする」ことなので、対象魚は小物ばかりではなく非常に幅広い魚種を狙 ...

ジギングロッド 3

青物ジギングでロッドに求められる性能はやはりパワーです。 オフショアジギングではビッグサイズの青物(ヒラマサやカンパチ)が掛かっても反発力でしっかりと浮かせてくれるようなロッドが必要になります。 そこ ...

スロージギングロッドを徹底比較 4

スロージギングの人気が止まりませんね! ジギングのテクニックとして完全に定着した感があります! 回遊魚から根魚までなんでも狙えるスロージギングですから、これからはじめてみたい!という方も少なくないので ...

ライトジギングリール 5

ライトジギングとは比較的浅い水深のエリアで100g以下の軽いメタルジグを使うジギングのことを指します。 ハマチやサバのような小型青物、そして真鯛やシーバスがメインターゲットになります。 ライトジギング ...

-リール, ロッド
-,

Copyright© ジギングタックル比較 , 2018 All Rights Reserved.